So-net無料ブログ作成
東京オリンピック ブログトップ

おもてなしの心!滝川クリステルが、フランス語でスピーチ [東京オリンピック]

滝川クリステルが表現した『おもてなしの心』 2020の東京オリンピックを引き寄せた!




 
滝川クリステル今や時の人になった。
東京オリンピックのプレゼンで、立役者として称賛されている。

「東京は皆さんをユニークにお迎えします。日本語で『おもてなし』
と表現します。それは訪れる人を慈しみ、見返りを求めない深い意味
があります」 スピーチは、フランス語。


東京オリンピック2020年プレゼンでの滝川クリステル『おもてなし』.png
東京オリンピック2020年プレゼンでの滝川クリステル『おもてなし』

滝川クリステルの父は、フランス人、パリ生まれで、今回のスピーチは、フランス語。
オリンピックでの公用語として、フランス語は、英語より優位性があるという。

滝川クリステルのイメージキャラは、少し角度をつけたななめ横顔。
プレゼンでは、真正面だった。首に巻かれたスカーフがお洒落だった。

今回、日本の紹介のプレゼンで、『おもてなし』を入れたのは、滝川クリステル
の発案という。海外で育つ方が、日本のイメージを、、『おもてなし』と表現した。

安心・安全な日本の言葉もあったが、滝川クリステルのプレゼンによって、
日本人の心を、世界に表現してくれた。

『お・も・て・な・し』は、世界で通ずる言葉になる。
東京オリンピックに向けて、ますます使われる、キャツチコピーとなるだろう。

今年の、流行語大賞に可能性も高い!

・・・以下、プレゼン内容の一部です・・・

皆様を私どもでしかできないお迎え方をいたします。
それは日本語ではたった一言で表現できます。「おもてなし」。

それは訪れる人を心から慈しみお迎えするという深い意味があります。
先祖代々受け継がれてまいりました。

以来、現代日本の先端文化にもしっかりと根付いているのです。
そのおもてなしの心があるからこそ、日本人がこれほどまでに互いを思いやり、
客人に心配りをするのです。

一例を挙げてみましょう。

皆様が何か落し物をしても、きっとそれは戻ってきます。
お金の入ったお財布でも、・・・現金が落し物として警察に届けられました。
・・・東京は世界一安全な街・・・
交通機関も世界一しっかりしていて、街中が清潔で、
タクシーの運転手さんも世界一親切・・・
世界最高峰のレストラン、ミシュランガイドでは星の数が多い東京。
それらすべてが未来を感じられる街を彩っています。

おもてなしとは、かけ離れている部分があるにせよ、海外で育った
滝川クリステルの、日本の紹介は、プレセンターとして大きな役割をはたした。


そして今日、
滝川クリステル(35)と小沢征悦(39)が年内に結婚との報道。
滝川クリステルと小沢征悦の結婚報道.png
滝川クリステルと小沢征悦の結婚報道

小沢征悦は、世界的指揮者、小澤征爾氏(77)の息子さんである。
世界的な、カップル誕生は、近い時期化もかもしれない。

交際を隠すことなく、堂々と都内でデートを繰り返しているともいわれる。
国際色豊かな二人なので、それもほほえましい!

ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
お読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之


共通テーマ:テレビ

東京オリンピック2020を引きよせさせたプレゼン [東京オリンピック]

東京オリンピック2020を、引きよせたプレゼンテーション!




東京でのオリンピック開催(56年ぶり)が9月7日の総会で決定!

ブエノスアイレスでの国際オリンピック委員会(IOC)の総会で、
東京・マドリード・イスタンブールの3都市が最後のプレゼンテーションに
進み臨み、投票によって圧倒的な大差で決定!

東京オリンピック2020年プレゼン.png
東京オリンピック2020年プレゼンのスピーチ
     

最後のプレゼンテーションが、東京オリンピックを引き寄せました。

すばらしいプレゼンで、国際オリンピック委員会(IOC)委員の多くから、
高い評価も得ました。

日本人として誇りのもてる、心に訴えるすばらしい45分間の
ドラマになるプレゼンテーションでした。

世界の舞台で、日本人らしさの出せたプレゼンでした。
東京は、それぞれのテーマ別にまとめ、バトンタッチする形で、
全体として見事な作品を完成させた

高円宮紀久子さまが、IOCの被災地復興支援に対して、
謝意をお伝えしました。

そして、プレゼンのドラマが始まりました。

トップバッターとして、

最終プレゼンテーションでは、佐藤真海さんから始まった。

「私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです」

佐藤真海さんは、パラリンピック陸上(走り幅飛び)の選手。
骨肉種で、右脚の切断・故郷は被災地といった状況を
スポーツの力によって克服できた。

彼女のスピーチが、人の心に響いた。そして感動の幕開けになった。

招致委員会の武田恒和(つねかず)理事長

日本は、過去の五輪・パラリンピックでドーピング違反者はいない
として、日本のスポーツ精神のクリーンを訴えた。

水野正人専務理事

コンパクトな開催計画を、スポンサー企業のロゴをバックにして、
最高の自信ある笑顔のスピーチ!が、とても印象に残る。

猪瀬直樹東京都知事

「2020年の東京は、いつでも時間通りに目的地につく」と、交通網、
そして、オリンピック開催基金(約4500億円)を示し、東京都の力を
アピールした。

安倍晋三首相

懸念材料として、連日報道されていた東京電力第一原発の汚染水漏れ問題を、
「東京にダメージを与えない。政府が対応する」と約束した。 

滝川クリステルさん

日本人のおもてなしの心を紹介した。表情も、フランス語の言葉もきれいだった。、

フェンシングの太田雄貴さん

ロンドン五輪後の、銀座のパレードに、50万人の人が集まったことをいい、
東京に、五輪が来た時の熱狂を訴えた。

45分がドラマでした。みなさんの英語・フランス語のスピーチ見事でした。
  
・・・質疑応答は別の記事にしました・・・

『TOKYO 2020 』 の発表の瞬間、このプレゼンがIOCの心を
動かした!今までにない、ドラマを感じた。

オールジャパンが、号泣と笑顔で分かち合っている姿が、すばらしかった。

東京オリンピック2020年プレゼン佐藤真海さん.png
東京オリンピック2020年プレゼン佐藤真海さん

トップバッターとしての佐藤真海さんのスピーチはは特に印象に残った。

佐藤真海さんは、走り幅跳びのパラリンピック3度出場している。
彼女のスピーチが、人の心に響いた。そして感動の幕開けになった。

「私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです」

「骨肉種で足を失ってしまいました」右足膝下を切断したつらい話をした時の
彼女の表情は、昔を思い出し、言葉も詰まった。

必死に耐え、体験を話していく内に笑顔になった。

故郷は東日本大震災で津波の被害を受けた気仙沼。

スクリーンには、被災地の様子。佐藤真海さんの家族も映しだされた。

自分の過去の苦しみ、それをスポーツの力で乗り越えた生きざまはすばらしく
多くの人の力を与えるスピーチとなった。

かわいらしい佐藤さんからでる、時には悲しく、時には力強い4分間の言葉は、
彼女の人生そのものなのだろう!

一語一語に人生が詰まる、すばらしいスピーチだった。


ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之


共通テーマ:テレビ

2020年、東京でオリンピック決定と汚染水問題 [東京オリンピック]

2020年、東京でオリンピック決定、56年ぶりの開催!




国際オリンピック委員会(IOC)の総会で、開催地が、東京。
56年ぶりの東京でのオリンピック開催が9月7日の総会で決定!

2020年、東京オリンピック開催決定.png
2020年、東京オリンピック開催決定、プレゼンでの安倍首相

ブエノスアイレスでの総会では、
東京・マドリード・イスタンブールの3都市が最後のプレゼンテーションに
進み臨み、投票によって次の結果となった。
2020年の第32回夏季オリンピック競技大会は、東京が圧倒的な大差で決定!
  (日本時間では、8日朝5時の発表となった)
IOCは、安心して開催できる都市を選んだ。


3都市はそれぞれの課題があった。その大きな課題として。

東京の場合・・・・・・・・・・東京電力の福島第一原子力発電所の汚染水問題
マドリードの場合・・・・・・25%超えの失業率、財政問題(スポンサーの確保)
イスタンブールの場合・・政情不安(反政府デモ)、交通渋滞、ドーピング問題

IOCは安心して開催できる都市を選んだ」
最期のプレゼンでは、安部首相も加わり、56年ぶりの東京オリンピック
の実現をアピールした。

IOC総会での最後のプレゼンの質疑応答

福島第一原発での汚染水漏れに対して、
「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを
与えるようなことを許したりはしない」 (朝日新聞朝刊9月8日)

2020年、東京オリンピック決定、夢の力.png
2020年、 東京オリンピック決定、今日本には夢の力が必要

プレゼーテーションが終わり、IOCのゲラートハイバー委員長から総理に次のような、
質問がでました。 ・・・できるだけその時の内容のままです・・・

「すばらしいプレゼーテーションありがとうございます。
とても、感情に訴えるプレゼーテーションでした。

安倍総理、こんな質問をして、非常に申し訳ないんですが、
福島原発についての質問です。

最近は毎日のようにメディアが報道しています。
どれだけひどい状況かという事。もちろん総理は、
“東京には影響がない” とおっしゃいましたが、

それはどのようにして、その根拠はなんでしょう?
また、なぜそのように安心できるのでしょうか?
専門的な技術的な観点から、総理お願いします。」


安倍首相

「ご質問ありがとうございました。
・・・ここから日本語となります・・・
結論から申し上げますと、全く、問題ありません!
どうかヘッドラインでなく、事実を見ていただきたいと思います。

汚染水により影響は、第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で、
完全にブロックされています。

福島の近海で、私たちは、モニタニングを行っています。
その結果、数値は最大でも、WHOの飲料水の水質ガイドラインンの
1/500であります。これが事実です。

そしてわが国の、食品や水の安全基準は、世界でも最も厳しい基準であります。
食品や、水からの被ばく量は、日本どの地域においても、この基準の1/100
であります。
つまり、健康問題については、今までも、現在も、そして将来も、全く問題はない!!
という事をお約束いたします。

さらに完全に問題のないものにするために、
抜本解決に向けたプログラムを、私が責任もって決定し、すでに着手をしております。
実行していく。そのことをはっきりとお約束を申し上げたいと思います。

                ・・・できるだけその時の内容のままです・・・

安倍首相は、世界に向けて宣言しました。

汚染水により影響は、第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で、
完全にブロックされています。

健康問題については、今までも、現在も、そして将来も、全く問題はない!!

この発言は、今後何回も取り上げられることになるだろう!
前向きな発言として、聞いておきたい。
まずは、復興!が、今回の東京オリンピックの誘致の
プレゼーテーションでの力強い発言で進むことを願いたい。


ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
お読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之





共通テーマ:テレビ
東京オリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。