So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK紅白、大島優子の卒業発表に賛否 [AKB]

NHKでの紅白、大島優子の卒業発表に賛否!






今年の紅白は、北島三郎が、50回目の出場を機に、
紅白を引退すると宣言していました。
この話題は、誰の目にも北島三郎を焼き付けた、
すばらしいステージで、有終の美を飾る出来事でした。

北島三郎、紅白最後のステージで祭りを熱唱.png
北島三郎、紅白最後のステージで祭りを熱唱


今年の紅白も終盤に入り、AKB48が登場します。
華やかなステージです。
「紅白2013 SP~AKB48フェスティバル!~」と題されたメドレーの始まりです。
最初に、『恋するフォーチュンクッキー 』を歌いました。
サッシー(指原莉乃 )にとっては紅白でセンターという晴れ舞台です。

2曲目の「ヘビーローテーション」に入る前に、突然、大島優子が
センターのマイクの前に立ちました。

大島優子、紅白でAKB卒業発表.png

「この場をお借りして言いたいことがあります。私大島優子は、
『AKB48』を卒業します!!!」と宣言。午後10時45分ごろでした。

大島優子が突然、グループからの卒業を発表したのです。
発表後、すぐに映されたのは、たかみな(高橋みなみ)の顔。大粒の涙。
大島優子さんは、「メンバーはまだ伝えてなかった」と言っていました。

年越しが迫る、この時間に、NHKの紅白の舞台で・・・
会場も、どよめきました。テレビの前でも、驚きの場面でした。

よかったのかどうかは、わかりません。
多くの人に、AKB48の大島優子は、卒業を伝えたことにはなります。

大島優子の紅白でAKB卒業発表について、どう思うか?

「国民的番組の紅白内で個人的な発表をするべきではないと思う」
「紅白の場で言うことじゃないと思う」と厳しい意見多数あると聞きます。

北島三郎の紅白50回目での卒業ステージもまじかに迫っていました。
あのタイミングで言えるのかな…と思う人も多いと思います。

視聴率の高い、国民的番組での私的な発言、卒業発表は、
今後論議を呼ぶであろう・・・。






大島優子は、AKB卒業真近とのウワサもあった。

大島優子といえば、2006年に2期生として劇場デビューしました。
2010年、2012年に行われた「AKB48選抜総選挙」では1位。
今年の「第5回AKB48選抜総選挙」でも2位。すでに卒業した
前田敦子ともに「AKB48」を代表するカリスマ的な2人でした。

「AKB48」の大島優子は、そろそろAKB卒業かも?そんなウワサも・・・

最近の大島優子は女優などのソロ活動もしていた。
夏の総選挙以降、ほんの少し、AKB色でない部分も感じられた。
元々、責任感の強いタイプで、『チームK』のキャプテンという立場。
多忙による体調不良もあったといいます。
25歳という年のせいだけではなかっただろう・・・。

AKB48、主力メンバーの卒業で問われる魅力

AKBは大所帯ですが、動きも変化もはげしい。
前田敦子が卒業後、 昨夏には篠田麻里子、板野友美、秋元才加が離れ
そして、大島優子も卒業を発表しました。

「AKB48」2014年は、少し変わってくるかもしれません。


ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之



共通テーマ:テレビ

前田敦子が熱愛、 相手は歌舞伎のサラブレッドの尾上松也 [AKB]

前田敦子が熱愛 相手は?




前田敦子が熱愛 相手は、 歌舞伎のサラブレッド俳優の尾上松也

AKB前田敦子の熱愛、相手は尾上松也.png

AKB48、元スパーエース、センターで活躍していた前田敦子。
卒業して役1年となるが、今、女優としても活動している。

前田敦子(22)が歌舞伎俳優の尾上松也(28)と真剣交際していることが分かった。
尾上はAKB48の大ファンで、AKB48劇場にもライブ鑑賞をしていたという。

知人の紹介でお互いが知り合ったという。
2人を知る関係者によると、映画や舞台鑑賞が趣味の前田と松也は意気投合。
「今年に入ってから本格交際に発展したようです」 と明かした。

2人は互いに家族に紹介済みで、家族公認の交際を進めている。

AKB前田敦子の熱愛、相手は歌舞伎の尾上松也.png
AKB前田敦子の熱愛、相手は歌舞伎の尾上松也

女優の前田敦子ちゃん(22)の相手、尾上松也さん(28)は誰?どんな人?

23年のベテラン歌舞伎役者で、歌舞伎俳優としてホープのイケメンプリンス。

AKB時代は、恋愛禁止であったが、恋愛解禁から1年。
前田に恋人が!。その相手は歌舞伎界の期待の若手ホープの尾上松也。

韓流スターのような甘いマスクと、すらりとした長身の尾上松也には、
若い女性ファンが多く、立役から女形もこなす伸び盛りのプリンス。

ビッグカップルの誕生となった。

前田敦子・尾上松也のプロフィール

☆前田敦子(まえだ・あつこ) 161cm。血液型A。愛称「あっちゃん」

1991年(平3)7月10日、千葉県生まれ。
2005年にAKB48の1期生オーディションに合格し、12月に公演デビュー。
2006年10月に「会いたかった」でメジャーデビューした。
選抜総選挙は2009年の第1回から1→2→1位。
2011年6月に「Flower」でソロ歌手デビュー。
2012年3月には日本アカデミー賞の話題賞を受賞。

☆尾上松也(おのえ・まつや)

二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや )は歌舞伎俳優。屋号は音羽屋、
紋は抱き若松。父は六代目尾上松助(享年59)は、2005年に死去。
松竹エンタテインメント所属。

1985年(昭60)1月30日、東京都生まれ。
堀越高校卒業。祖父は新派俳優の春本泰男、父は6代目尾上松助。
1990年5月、2代目尾上松也を名乗って初舞台。
1995年NHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」で吉宗の少年時代、
2000年「葵徳川三代」で片桐元包、2009年「天地人」で前田利長役。

映画出演 「シベリア超特急2」「源氏物語千年の謎」など
TBS系ドラマ「ぴんとこな」など

現在、渋谷で舞台「ロミオ&ジュリエット」に出演中。(10月5日まで)

ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之




共通テーマ:テレビ

AKBのじゃんけん大会2013、すべてパーで松井珠理奈優勝! [AKB]

国民的スターともいわれる人気のAKBの「第4回じゃんけん大会」 2013、下克上でだれが勝者に?
今日、9月18日(水)おこなわれる。フジテレビの独占中継。

AKB48とSKE48を兼任する松井珠理奈(16)がすべてパーで、優勝。




じゃんけん大会の番組の中継。、AKBの人気は、さすがだ。
総選挙の時も感じたが、同じグループでの下剋上は、ドラマになる。

AKBじゃんけん大会武道館にて.png
AKBじゃんけん大会武道館にて行われる。

このじゃんけん大会の勝者には、優勝というトロフィーのほか、
センターポジションが、与えられるので、人気をとれる絶好のチャンス!

じゃんけん大会をここまで、試合としての扱いにしたのは素晴らしいことだ。
だれにもチャンスがあるといいながら、勝者には、オーラがあるので不思議だ。

たかがじゃんけん!されどじゃんけんだ!

“AKBじゃんけん大会”の本戦の司会は福澤朗。

審判はフジテレビアナウンサー・伊藤利尋、
実況はフジテレビアナウンサー・三宅正治、
会場リポーターはフジテレビアナウンサー・渡辺和洋がそれぞれ担当する。

司会の福澤朗のスポーツ大会実況的な、司会も楽しみだ。

“AKBじゃんけん大会”のルール

すべて一回勝負。
掛け声は「じゃん・けん・ぽん」のみ。「最初はグー」等はなし。

あいこの場合、構えからもう一度やり直す。

反則の場合
審判によって、後出しがないか判断する。

相手の「手」が確定してから、「手」を出した場合「後出し」とし、
後出し勝利は無効となる。
疑われる場合はVTR判定をする。


さて前回までのAKB48じゃんけん大会の歴代優勝者、センターシングル曲は

2010年 第1回大会 内田眞由美 「チャンスの順番」
2011年 第2回大会 篠田麻里子 「上からマリコ
2012年 第3回大会 島崎遥香  「永遠プレッシャー」

今回の2013年第4回じゃんけん大会は一体誰が優勝するでしょうか?

今回はJKT48、SNH48専属メンバーは不参加
卒業組の篠田麻里子、秋元才加、板野友美、福本愛菜も不参加

本戦は以下のメンバーにて1回戦からじゃんけんで勝負していきます。

各グループからの予備選を書い抜いた参加人数は合計で85名
AKB48 66名
SKE48 8名
NMB48 8名
HKT48 3名

この武道館を舞台にした今回の2013年第4回じゃんけん大会は
誰が優勝するでしょうか?
そして、今回の大会で、シングル曲選抜メンバーそしてセンターを
勝ち取るのは果たして誰になるか?

見ている以上に、AKBのメンバーにとっても、今夜の勝負は明暗を分けます。

勝ち進んで16人の選抜に入れば、翌月以降の雑誌に登場するのは確実。
それだけでなく、トークやパフォーマンスなど、テレビに映り出される映像は、
人気のバロメーターにもなる。
 
国民的アイドルグループとなった今、メンバー個人も所属事務所も極めて
重要なイベントと考えている。

平等にシングル選抜入りの権利を得られるといった、平等な大会に、
不思議と思える大きな価値を感じる。

ベスト4には、初選抜の
松井珠理奈(16)、上枝恵美加(19)、平田梨奈(15)、、大場美奈(21)の4人が残り、
誰が勝っても選抜初センターの展開に。

松井は初戦から決勝までじゃんけんは全てパーで勝利した。

AKBじゃんけん大会優勝松井珠理奈.png
AKBじゃんけん大会優勝松井珠理奈

さて、簡単な、じゃんけんでは、あるのですが、
3種類のなかでしか選べないのですが、1年に何回かは、やってます。

平等なじゃんけんに法則もあります。

完璧な確率論でいうと、それぞれ33.3%ですが、
統計では、グーが約35パーセント、パーが約33パーセン、チョキ約31パーセント。
理由は、チョキの手はしづらいからです。

あいこの場合、同じ手を出すか、違う手を出すか、は相手によって判断する。
あいこで同じ手を出すのは、22パーセントくらいしかないというのも参考になる。
 
ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之



共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。