So-net無料ブログ作成
検索選択
半沢直樹 ブログトップ

半沢直樹の最終回は、大和田・近藤・岸川の下剋上? [半沢直樹]

半沢直樹の第九話。半沢直樹の最終回は、倍返しになるか?
・・・大和田・近藤・岸川の下剋上、人間の醜さも・・・




半沢直樹の最終回は、大和田常務との戦いになります。
自分の父を、自殺に追い込んだにくい相手でもあるのです。
複雑な最後の結末となりそうです。

タミヤ電機の粉飾決裁を調べていたタミヤ電機の近藤が、「浮き貸し」を発見します。

「浮き貸し」とは、

銀行が融資したお金を、会社自身がが経営の為にお金を使わず、
内緒で第三者に借りたお金を貸すこと。もちろん銀行には秘密です。

タミヤ電機に融資していたお金3000万円は
大和田常務の妻が経営しているブティックに流れていたのです。

こうなってくると、大和田常務と半沢直樹の戦いになります。

大和田常務にとって、半沢直樹は邪魔の存在。
権力と頭脳で、いくら正義が勝つといえども、簡単ではありません。

今日の味方は、明日は敵となってしまうのです。

そこでここまでのドラマで、犯人が確定していないことが、
今日明らかになります。

半沢直樹・金融庁の黒崎.png
半沢直樹と金融庁の黒崎

半沢直樹の最終回の見どころの一つは、

東京中央銀行の内部情報を金融庁の黒崎に密告しているのはだれか?

これは、以前に、金融庁の検査を受けた時に、ボイラー室に書類を隠した時、
密告されたことがあるのです。間一髪で移動していたので見つからないで、
問題はなかったのですが、犯人はわかっていません。

その二つめは、大和田常務に勝てるかです。

大和田常務は、金融庁の調査の対応を問題にして、半沢を処罰しようと企て
ています。

半沢直樹は、大和田常務の浮き貸し金のこと取締役会の議題にしてもらいました。

ここで、半沢直樹が有利になるで、ハッピーエンド!にはいかなかった。

同志の裏切り。

その1 タミヤ電機に出向になっていた近藤

大和田常務のタミヤ電機の近藤が、近藤に接触し甘い言葉でつっていたのです。
東京中央銀行に戻してやるの一言で、説得されていたのです。

その2 敵が味方に
大和田常務の側近の岸川が、半沢直樹を助けることになります。
岸川は「浮き貸し」が行われた時の京橋支店長でした。

半沢直樹は、岸川の弱みを握っていました。

その3 情報がすべてを左右
金融庁の黒崎の婚約者は、岸川の娘だった。
黒崎に情報が流れていたのは、ここからだったのです。

半沢直樹は、この事実を暴露することで、結婚も破断の可能性として
表面上、脅していました。

岸川は娘の幸せを優先するために、半沢直樹を助けることになります。

大和田常務も、岸川も外部への出向となります。

これで半沢の仕返しは終わることになりますが、
中野渡頭取は半沢直樹へも出向という処罰を与えます。

半沢直樹の第十話。半沢直樹の最終回は、
最後倍返しで決着と思ったのですが、最後は
考えさせられる場面で終わりました。

今後の展開、続編を期待したいドラマです。


ご質問やご感想のメールは、お気軽に下さい。

tatenomore@gmail.com 迄

返信させて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タテノアトリエ  立野重之


半沢直樹 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。